<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.08.18 Tuesday  | - | - | 

世界樹その15

 ソフトは押入れに仕舞い込んでしまったが,忘れる前にjobの感想を。


★モンク
partyに一人はほしい。回復系魔法を手動で使えるのはモンクのみ。
HPが減るor大量に減る可能性があるときは全体回復「パーティーヒール」


状態異常になったら「リフレシュ」「バインドリカバリー」この2つは全体に掛けられるようにスキルポイントを7振っておく。
私は回復役にしていたので,拳系スキルは取らなかった。


★プリンセス・プリンス
序盤は自分のHPが満タンの時は,ターン毎に全体のHP回復をする「ロイヤルベール」や,戦闘終了時に全体HP回復の「王者の凱歌」が便利。終盤では回復量が心もとないが,あれば便利。
後半のBOSSなど状態異常をしてくる敵には「予防の号令」があればかなり戦局が有利になる。
状態異常がきついBOSSにはモンク/プリとシノビ/プリで全体に「予防の号令」を掛けていた。
敵の強化を打ち消す「リセットウェポン」は大量回復するbuffをするBOSSに必須。
ここで決める!というときには最初に指定した味方をターン最初に行動させる「クイックオーダー」も便利。


★ファランクス
「ガーディアン」をmaxにすればかなり固くなる盾役。
後半のBOSSは全体攻撃が多くなるので,「挑発」の意義が薄れるが,partyに一人いると安心。
死なせたくない味方のダメ全肩代わりの「ディバイドガード」があるのと無いのでは安心感が違う。
3竜など魔法攻撃が痛いor当たると即死する相手には3色「ガード」が必須。
一定確率でダメ無効にできる「パリィ」「マテリアルパリィ」も役立つ。
攻撃力は期待できないので,素材集めで雑魚をボコるときはお留守番。


★ゾディアック
前半や雑魚戦では,魔法を強くするためスキルを振ると,消費TPが多くなり,使い勝手が悪いが,後半のBOSSには爆発的攻撃力が必須。
「エーテル圧縮」→3色魔法攻撃で弱点を突けば,気持ち良いダメが出る。
サブ・ウォリアーにして「狂戦士の誓い」→「チャージ」→「メテオ」はペンギン道場でお世話になる。敵にdebuffを掛けておくと,すばらしいダメを叩き出す。
私は3竜用に3色ゾディアックを3人,メテオ用を2人,計5人育てたよ。ゾディアックのサブにバリスタで「正射必中」をつけておくと魔法を外さずさないので安心できる。ないとミスすることがある。また,弓を持たせておくと雑魚戦で案外ダメを出してくれて便利。


★ショーグン
「弐の太刀」の二刀流が楽しい。しかし2本目のダメはやはり劣る。
サブ・シノビにして「首切」を覚えておけば,2回攻撃で2体即死させることも可能。複数でてくる雑魚戦で大活躍。
「一騎当千」で味方の全ての攻撃に追撃。しかし防御がかなり下がるので,攻撃を受けるとサクッと死ぬことも。
攻撃を受けそうに無い時には「一騎当千」,
受けそうな時は「禍時」で全体ランダム複数攻撃。
HP1で生き残る「食いしばり」も便利。
単体BOSS戦ではイマイチだが,大航海のダマバンド・破滅を呼ぶ凶竜では,首が3つあり,同時に切り落とさないと再生される。この首のトドメをショーグンに決めさせ続けると,「血染めの朱槍(戦闘中、敵・味方にトドメをさす度に攻撃力が上昇していくスキル)」でどんどん攻撃力がアップ,すごいダメを出すようになる。
敵味方の区別無く,HPが一定以下になると即死させてしまう「介錯」は,恐ろしくて使わなかった。全体攻撃を食らってピンチのとき味方を全滅させちゃうんじゃないかと。


★シノビ
忍者って弱そうなイメージだが,このゲームでは使い方によってとても便利に。
攻撃では通常攻撃に即死を付加する「首切」,石化させる「飯綱」が雑魚戦にとても便利。これが決まれば雑魚が1turnで終わることも。
消費TPを-10する「煙りの末」はmax必須。
「分身」→「多元抜刀」の華麗な使い方はペンギン道場のNPC・キリカゼさんが披露してくれる。ウォリアー/シノビでこれを使えばBOSSにも効く。
「分身」させておいて「肉弾(自分が戦闘不能になった時、戦闘中一度だけ、攻撃してきた相手に炎攻撃)」を使うのも良い。
サブ・ゾディアックでTP消費を0にするダークエーテルを味方に掛け続ければ,TPを気にせず大技を出すことができる。ただし,攻撃する人数が一人減るという考え方をすると,TPはアイテムでまかなってしまえ,という結論になることも。
シノビ/ファーマーで敵遭遇率0%の「安全歩行」を掛けながら,ダンジョンを探索すると,FOEにぶつからない限りノーリスクで探索できる。ダンジョンをうろつく面白さがなくなるので,2周目以降ショートカットを開通させるため等に使うとよい。


★ウォリアー
ばりばり前衛,攻撃力抜群,どんな武器も使いこなすんだろうな,と思っていたら,柔らかすぎる。
「狂戦士の誓い」「チャージ」してから攻撃になる上,「狂戦士の誓い」を使うとHP激減,そこに攻撃を食らうと即死する。
槌は強いが,命中率がかなり低く,サブ・バリスタの「正射必中」で命中率を上げないとミスが多い。槌の複数攻撃「ナインスマッシュ」が当たれば強いんだけどね。
命中率を気にしなくてすむように,剣を持たせると,どうもイマイチだった。もっと攻撃特化していればBOSS戦に使えたんだろうが中途半端で使い勝手が悪かった。


★パイレーツ
強い突剣を早い段階で手に入れたので,使いたかったんだが,どうもしっくりこなかった。
味方の攻撃に追撃するスキルがあるが,攻撃種類によって追撃する,しない,が決まるので,味方の攻撃方法を揃えなければならないのが,使いづらい理由。
自分のリミットゲージが溜まりやすくなる「リミットブースト」やクリティカル率upの「幸運の女神」,敵1体の物理防御力を低下させる「イーグルアイ」,複数回攻撃の「我流の剣術」など,使えば便利なスキルは多い。


★バリスタ
最初は1軍でがんばらせるつもりだった。後衛からの弓が強いし。途中で微妙になったので,使わなくなったが,後半良い弓・防具を持たせ前衛に置き,前列時に威力が上昇する近距離用の矢弾で敵1体に突攻撃「前陣迫撃砲術」を使ったら・・・すごいダメが出る。
FOEなどHPが大幅に高い相手への攻撃力が上昇する、バリスタ専用のスキル「ジャイアントキル」,装甲を貫く事に特化した徹甲弾で敵1体に突攻撃。敵の強化を無視する「高速徹甲弾」,「前陣迫撃砲術」で活躍できる。もっと使えばよかったと思わされたjob


★ビーストキング
敵の攻撃を封印する「縛り・封じ」を全種使えるjob。うまく封じられればBOSSにも優位に立てる。
獣を召喚するので,シノビの分身とは相性が悪い。
即死させる「剣虎招来」はスキュレー道場で必須。
獣のグラフィックを表示してほしかったな。


★ファーマー
序盤はファーマー5人組で「安全歩行」しつつ採取場に向かい,採るだけ採って「帰宅マスター」で戻って店売りすれば,お金がざっくざく。このお陰で金欠になったことがなかった。
回復薬が採って来た素材を売った数だけ,売りに出されるので,品切れになる度に採取の旅に出ることに。
レア物を採れる「野生の嗅覚」を覚えている5人と,覚えていない5人を作っておくと便利。
スキュレー道場などで経験値を稼ぐ時,習得経験値が上昇する「大自然の恵み」を覚えているファーマーを入れておくと,かなり経験値が増える。ファーマーでレベルを上げておいて,引退して使うjobに換える,という手もある。
引退すれば,レベルに応じてスキルポイントと各パラメーターをプラスして貰え,最初からパラメータが高いキャラが作れるので。


★アンドロ
敵1体に無属性攻撃。全封じ状態でのみ使用可。HPが少ない程威力上昇という「HP砲」を使えば強いらしいが・・・
折角だから,と使ってみたが強さ・良さがわからないままに終わってしまった。
いくら育ててもレベルではTPが固定60しかないので,TP不足がつきまとう


という感じです。いろいろやり尽くして楽しかったです。ダンジョンものや育成が好きなら是非やってみて。

2010.06.03 Thursday 10:24 | comments(0) | - | 
<< 世界樹の迷宮3 その14 | main | MGS PW その8 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2015.08.18 Tuesday 10:24 | - | - |